試合詳細

女子代表国際親善試合
  • 自動更新(60秒)

キックオフ:
2020/3/6(金) 6:23
試合会場:
エクスプロリア スタジアム
  • スペイン女子
  • 3
    • 1
    • 前半
    • 1
    • 2
    • 後半
    • 0
    試合終了
    1
  • 日本女子

※日時はすべて日本時間です

試合経過

アレシア プテジャス
前半8分
1 - 0
前半44分
1 - 1
岩渕 真奈
マリオナ カルデンテイシェイラ ガルシア
パトリ ギハーロルシア ガルシア
後半0分
後半0分
菅澤 優衣香田中 美南
遠藤 純宮川 麻都
ルシア ガルシア
後半3分
2 - 1
後半12分
池尻 茉由籾木 結花
後半19分
南 萌華三宅 史織
ジェニフェル エルモソアマンダ サンペドロ
後半21分
後半32分
岩渕 真奈上野 真実
ルシア ガルシア
後半33分
3 - 1
マルタ カルドナアルバ レドンド
後半33分
アレシア プテジャスアイタナ ボンマティ
後半35分
マルタ コレデーラアイノア ビセンテ
後半42分

試合の戦評

開始早々から相手に左サイドをしつこく狙われ、あっけなく先制を許す日本。左サイドバックを務めた遠藤純は本来攻撃的なポジションが主戦場であるため、ターゲットにされることはある程度仕方ない。だが、対策できないまま前半を終えてしまった点、遠藤を最終ラインに置くことによって生まれるはずの攻撃面での良さを全く出せなかった点は問題視する必要がある。

ピッチ上で修正を効かせられないまま試合を折り返すと、後半は自陣での不用意なミスから2得点を献上。ボールを失ってはいけないエリアで気の緩んだプレーが多く、失点シーン以外にも山下杏也加のビッグセーブに助けられる場面が何度もあった。

スコア以上にダメージを受ける完敗となってしまったが、あえてポジティブな面を挙げるとすれば、これが「本番」ではないということ。また、ギャップを突くポジショニングや深い位置でスペースを創出するための相手の引き出し方など、同じくポゼッションサッカーを掲げるスペインのサッカーは日本にとって参考になる部分が多かったはずだ。続けて行われるイングランドやアメリカといった格上との対戦では、初戦の結果を受けてどれほど修正した姿を見せられるかに期待したい。

スターティングメンバー

スペイン女子 日本女子
  • 監督
    -
    ホルヘ ビルダ
  • GK
    1
    ドローレス ガジャルド
  • DF
    2
    オナ バトル
  • DF
    5
    イバナ アンドレス
  • DF
    7
    マルタ コレデーラ
    87'
  • DF
    20
    アンドレア ペレイラ
  • MF
    11
    アレシア プテジャス
    80'
  • MF
    12
    パトリ ギハーロ
    46'
  • MF
    14
    ビルジニア トレシージャ
  • FW
    8
    マリオナ カルデンテイ
    46'
  • FW
    9
    マルタ カルドナ
    78'
  • FW
    10
    ジェニフェル エルモソ
    66'

ベンチ入りメンバー

  • GK
    13
    サンドラ パニョス
  • GK
    23
    マリア キニョネス
  • DF
    3
    アイノア ビセンテ
    87'
  • DF
    4
    イレネ パレデス
  • DF
    15
    レイラ オウアハビ
  • DF
    16
    マリア レオン
  • MF
    6
    アイタナ ボンマティ
    80'
  • MF
    18
    アンヘラ ソーサ
  • MF
    19
    アマンダ サンペドロ
    66'
  • FW
    17
    ルシア ガルシア
    46'
  • FW
    21
    シェイラ ガルシア
    46'
  • FW
    22
    アルバ レドンド
    78'

試合の見所

昨年秋の親善試合やEAFF E-1サッカー選手権2019から招集メンバーに大きな変更はなく、組織としての完成度が高まっていることに疑いはない。今回のように相手のレベルが1ランク上がったとしても、これまで通りかそれ以上の戦いができるか否かが、世界大会で結果を残すためには重要となる。また、東京オリンピック2020に向けた大枠も、うかがい知ることができるだろう。国内復帰を決めた猶本光と池尻茉由、さらには「絶対女王」を去って新天地を求めた田中美南らは、決意をプレーで示せるか。初戦の舞台は南部のフロリダ州。温暖なリゾート地としても名高く、移動後のコンディションを整えるには適地といえるだろう。

スペインはFIFA女子ワールドカップフランス2019のメンバーをベースに、UEFA欧州女子選手権2021の予選へ向けたブラッシュアップを進めている。国内リーグもシーズン中とあって、チームの状態は良好。点取り屋のジェニフェル・エルモソは直近のリーグ戦でハットトリックを達成するなど絶好調だ。互いにポゼッションに重きを置いて攻撃を組み立てるため、どちらがボールを握るのか、どのように相手のパスワークを遮断するのかが注目ポイントとなる。

情報提供:データスタジアム(株)