goo ニュース

夢は 私を 離さない

goo
ニュース

Mima Ito

table_tennis

ピンチすら楽しむ

卓球 伊藤美誠

 2016年、ブラジル・リオデジャネイロ。五輪デビューとなった女子卓球団体1回戦の後、 15歳だった伊藤美誠は「先輩を手ぶらで帰すわけにはいかない」と言ってのけた。 シングルス代表は、当時27歳の福原愛と23歳の石川佳純。2人ともメダルを獲得できずに終わり、団体戦を迎えた。 伊藤は団体を一緒に戦う「3人目の選手」だった。
 「妹」は、先輩2人とともに銅メダルを獲得。一気にスターダムに駆け上がった。

試合が怖かった

©ATTILA KISBENEDEK / AFP

 リオから東京への道のりは、平たんではなかった。
 同い年の平野美宇が、リオ五輪代表になれなかった悔しさをバネに成長していた。 2017年1月の全日本選手権に史上最年少(当時)で優勝。世界選手権個人戦でも48年ぶりに表彰台に立った。 快進撃を続けるライバルに対し、伊藤は受け身に回ることが多くなった。
「相手に向かってこられるし、プレッシャーをどこかで感じていた。試合をするのが怖かった」
 負けが続いたリオ後の約1年間は、雌伏の季節だった。心が折れそうに感じたこともある。
 だが、この苦しみが伊藤を変えた。

生まれる前から

 人生の全てを卓球に費やしてきたと言っていい。地元の静岡県磐田市で卓球大会の常連だった母、美乃り(みのり)さんの影響だ。
 「中国の選手がサーブをフォアハンドの方に出したよ」「ボールが浮いて強打されたよ」
 美乃りさんは妊娠中、衛星放送で流れる海外のトップ選手たちのプレーの数々を”聞かせて”いた。 トイレットペーパーの芯を加工してつくった筒をおなかに当て、娘に語りかけた。
 「ベビーちゃんならどうする? ママならこうする」
 伊藤がラケットを初めて握ったのは2歳の終わり。母は娘の才能をすぐに感じ取った。 初めのうち、練習時間は30分、少し伸びて1時間。それでは足りないと、家を新築した。 最初に運び入れた家具は「冗談抜きで卓球台」と美乃りさんは笑う。猛特訓が始まった。
 小学3年の頃までは毎日泣いてばかり。まるでスポ根漫画のようなトレーニングが続いた。 長いときには4時間ぶっ通しで練習した。「千本ノーミスドライブ」もその一つ。全身を使い、腕を下から上へと振り上げてドライブ回転かけた強打を繰り返す。 1本でもミスすればゼロからやり直しだった。
 小さい頃からの負けず嫌い。「休憩しようか?」。厳しい母が思わず優しい言葉をかけても、大泣きしながら「やる!」とボールを打ち続けた。
 母はただ厳しいだけではなかった。練習が終われば強く抱きしめられ、ベッドでは「愛しているよ」と言い聞かされながら眠りについた。

動ける卓球へ

 抜群のセンス。そのせいか「省エネ」だった卓球スタイルを、見つめ直した。「もっと動ける卓球なら勝てる」。 フットワークを鍛え直し、基礎練習を地道に続け、技術と根気も磨いた。
 18年は全日本選手権の決勝で平野を倒し、念願の日本一。女子ダブルスと混合ダブルスも制して3冠を達成した。 厳しい代表選考に明け暮れた19年は全日本選手権で2年連続3冠を達成。中国のトップ選手たちを脅かすまでに成長した。
 同世代のライバルである孫穎莎(スン・イーシャ)とは19年10月から11月にかけ、国際大会で4回戦った。 1勝3敗と負け越したがいずれも熱戦で観客を沸かせ、成長した姿を見せた。
 19年12月22日、カメイアリーナ仙台で行われたジャパン・トップ12。伊藤は決勝で平野とまみえた。
 東京五輪の卓球女子シングルスに出場できる選手は2人だけ。幼い頃から互いを熟知する2人の置かれた状況は対照的だった。 シングルス代表の座を確実にしていた伊藤。他方の平野は代表を逃し、団体メンバーとして最後の1枠入りに懸けていた。 フォアハンドの強打を連発する猛攻。「なんとしてでも意地。本当に意地」。伊藤は152センチの体をめいっぱい伸ばし、しのぎ続けた。
 ゲームカウント2―1で迎えた第4ゲームは一進一退が続いた。
「ことしラストの大会、頑張ろう、必死に頑張ろう」。自分を励まし続け、自然に足も動いた。 果てしないシーソーゲームを17―15で制し、続く第5ゲームは、根負けした平野を11―5で突き放した。 2019年最後の試合を最高の形で終えた。

10代最後の夏

  長いラリーに勝てば笑顔でガッツポーズ、負ければ苦笑い。どんな苦境に追い込まれても笑顔を失わない。 ライバルとの熱戦を喜び、ピンチすら楽しむかのようなプレーは、観客の心をわしづかみにする。
  「自分らしく戦うこと、楽しんでやること」
 本来の速攻、左右への反応の速さ、広い守備範囲。 日本勢がはね返され続けてきた陳夢(チェン・メン)、劉詩雯(リュウ・シウェン)ら中国選手の壁に迫る強さを身に付けつつある。 「練習をたくさんして、たくさん試合をして、試合に勝っていく」。その繰り返しが自信につながると自覚している。
 東京五輪まで半年余り。10代最後の夏を駆け抜ける。

©ATTILA KISBENEDEK / AFP