東京五輪2020

ラグビー7人制

概要

 五輪では1900年パリ、08年ロンドン、20年アントワープ、24年パリの4大会で15人制ラグビーを実施。90年以上のブランクを経て、2016年リオデジャネイロ大会で7人制として復活した。
ラグビー7人制

種別

  • 男子
  • 女子

見どころ

主な見どころ

 フィールドのサイズは長さ100メートル、幅70メートルで15人制と同じ。少ない人数でボールが大きく動き、スピーディーに展開する。ポジションはFW3人、バックス4人。

 日本男子はリオ大会で強豪ニュージーランドを破るなど4位と健闘。東京ではメダル獲得を狙う。15人制の19年W杯代表、福岡堅樹らが出場するか。

 リオで10位に終わった日本女子は、大竹風美子ら期待の若手が代表メンバー入りして地力は上がっている。メダル争いに加われるか。

競技方式

 基本的なルールは15人制と同じだが、試合時間は15人制の80分(前後半各40分)に対して14分(同7分)と短い。

 男女各12チームが出場。4チームずつ3組に分かれて1次リーグを行い、各組上位2チームと各組3位の勝ち点上位2チームが8チームによる決勝トーナメントに進む。順位決定戦もあり、準決勝の敗者は銅メダルを懸けて3位決定戦を行う。

日本の代表選考

 日本は男女とも開催国枠で出場が決まっている。2018-19年ワールドシリーズ総合ランキング上位4チームが出場権を獲得し、残り7チームは各大陸予選、世界最終予選で決定。

 

 日本代表は男女とも合宿、大会の内容をみて20年6月ごろに登録メンバー12人を決める。

東京五輪までの主な大会

7人制アジアシリーズ仁川大会(19年8月31日、9月1日、韓国・仁川)

7人制アジアシリーズ恵州大会(19年9月14、15日、中国・恵州)

7人制アジアシリーズ・コロンボ大会(19年9月28、29日、スリランカ・コロンボ)

写真は時事、AFP時事、EPA時事、JOC提供