東京五輪2020

ハンドボール

概要

 現代ハンドボールの発祥地は19世紀の欧州。五輪では1936年のベルリン大会から実施。その後正式種目から外されていたが、72年のミュンヘン大会で復活した。女子は76年モントリオール大会で初めて実施。
ハンドボール

種別

  • 男子
  • 女子

見どころ

主な見どころ

 素早いパス回しと迫力満点の空中戦が見どころ。正面からの接触プレーは反則にならないため、格闘技のような激しいぶつかり合いが頻繁に見られる。強豪ひしめく欧州をはじめ、大柄な体格でアドバンテージを持つ外国勢に、スピードとチームプレーを武器とする日本がいかに戦うか。

 日本は開催国枠で、男子が1988年ソウル大会以来32年ぶり、女子が76年モントリオール大会以来44年ぶりの五輪出場。

 男子は「東京五輪を総決算に」と位置づけるベテランの宮崎大輔が大会直前に決まる代表メンバーに名前を連ねることができるか。新たなエースとして期待されている吉野樹、部井久アダムら新鋭が、世界とどう渡り合うかが見どころとなりそう。女子は本場デンマークの強豪ニュークビンファルスターでプレーする池原綾香、角南唯らにも注目したい。

競技方式

 ▽男女各12チームが出場。1次リーグを行い、各組から勝ち上がったチームが決勝トーナメントを戦って優勝を決める。準決勝の敗者は3位決定戦を行う。

 ▽両チーム7人ずつがコートに立ち、相手ゴールにボールを入れて得点数を競い合う。コートはフットサルと同じ40メートル×20メートル。前後半各30分を戦い、同点の場合は前後半各5分の延長戦が行われる。選手交代は無制限。

 通常1人がGKとして自陣ゴールを守り、6人がドリブルとパスでボールをつないでゴールを狙う。ボールを持ったまま4歩以上進むと反則となり、シュートはゴール前6メートルのゾーン外からしか打てない。

日本の代表選考

 日本代表の選考方法は男女とも2019年世界選手権などの国際大会やこれまでの実績から選抜。通常の国際大会の1チーム16人(男女とも)に対し、五輪のコンパクト化による人員削減などの理由で14人が代表選手となる。20年の五輪開催直前に最終メンバーを決定する予定。

東京五輪までの主な日程

※大会の延期に伴い,変更の可能性があります。

男子日本選手権(11月19~24日、東京)

ジャパンカップ=五輪テスト大会(11月21~24日、東京・国立代々木競技場)

女子世界選手権(19年11月30日から12月15日、パークドーム熊本ほか)

女子日本選手権(12月21~25日)

写真は時事、AFP時事、EPA時事、JOC提供